花物語

fairydoll.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 04月 ( 44 )   > この月の画像一覧

桜木

花の咲く枝伸ばし合い青空でふれあっている桜木たちは


d0017090_10514725.jpg

[PR]
by f-doll | 2006-04-08 10:52 | 短歌(2006)

ストロベリーケーキ

ちょっとしたことでこんなに幸せになれる自分の愚かさが好き


d0017090_10443571.jpg

[PR]
by f-doll | 2006-04-08 10:45 | 短歌(2006)

コパル

神もまた苦しんでいるからだろう痛みはまっすぐ心に届く


d0017090_1036379.jpg

d0017090_10365221.jpg

琥珀(こはく)は英語でアンバー(Amber)。 樹液が硬化したものですが、100万年前よりも新しく、まだ完全にはこはくになりきっていないものはコパル(copal)、あるいはヤング・アンバーと呼ばれます。 美しさは琥珀と殆ど変わらず、約100万年前の虫が閉じ込められていてそれを観察できます。
[PR]
by f-doll | 2006-04-08 10:41 | 短歌(2006)

040:道(ドール)

両側に並ぶ桜が青空で花咲く枝をふれあわす道
[PR]
by f-doll | 2006-04-08 10:32 | 題詠100首blog

039:乙女(ドール)

放課後の音楽室でジャージ着て「乙女の祈り」を弾いていた友
[PR]
by f-doll | 2006-04-05 13:38 | 題詠100首blog

038:灯(ドール)

灯篭の明かりがゆれる夜桜の道をどこまでも君と歩こう
[PR]
by f-doll | 2006-04-04 21:10 | 題詠100首blog

染井吉野

なにひとつ犠牲にせずにこんなにも見事に咲けるはずがないけど

こんなにも美しく咲くそのために染井吉野が引きかえたもの


d0017090_18222026.jpg

[PR]
by f-doll | 2006-04-04 18:22 | 短歌(2006)

桜の下にて

“桜の樹の下には屍体(したい)が埋まっている!
 これは信じていいことなんだよ。何故(なぜ)って、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか。”
                         「桜の樹の下には」 梶井基次郎



願わくば桜の下にて春死なん その如月の望月のころ        西行法師

d0017090_17471519.jpg


満開の桜に、死の気配を感じとる詩人と歌人は多いようです。
美が本質的に持っている反道徳性、恐怖・・・。
つかの間の生の絶頂と、確実におとずれる最後。

花見は、死を意識しつつ、今現在の生を、みんなで祝福しあうという意味もあるような気がするのです。
[PR]
by f-doll | 2006-04-04 18:01 | やまとことば

白木蓮

大輪の白木蓮は青空という湖にふわりと浮かぶ


d0017090_16573383.jpg

[PR]
by f-doll | 2006-04-02 16:58 | 短歌(2006)

037:花びら(ドール)

菜の花に混じる桜の花びらをそのままゆでてしまおう今日は
[PR]
by f-doll | 2006-04-02 16:51 | 題詠100首blog
line

短歌にデジタルカメラで撮影した画像を添えています。お気軽にコメント(感想、おしゃべり、返歌erc)をどうぞ。リンクはフリーです。^^


by f-doll
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite