花物語

fairydoll.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

「夕凪の街 桜の国」

夕凪の街を裸足で軽やかに歩いてたあの少女に会いたい


d0017090_10334811.jpg

「夕凪の街 桜の国」・こうの史代
[PR]
by f-doll | 2006-01-17 10:38 | 短歌(2006)

ゴールデンレトリバー

玄関の前にスフィンクスのごとく誇らかに座すゴールデンレトリバーは


d0017090_112599.jpg

[PR]
by f-doll | 2006-01-16 11:03 | 短歌(2006)

神社にて

でもきっと人が感じる幸せは昔も今も変わりないはず


d0017090_10472448.jpg

[PR]
by f-doll | 2006-01-15 10:48 | 短歌(2006)

冬のすすき野

金色の夕日に染まるすすき野に風の又三郎がたたずむ


d0017090_15175935.jpg

[PR]
by f-doll | 2006-01-14 15:20 | 短歌(2006)

ふくらすずめ

春を待ちじっとふくらむ雀たち 黒いつぶらな眼(まなこ)美し


d0017090_10282210.jpg

ふくらすずめ :寒気のために羽をふくらましている雀。
[PR]
by f-doll | 2006-01-12 10:31 | 短歌(2006)

蝋梅(ろうばい)

天空を泳ぐ魚の金色の鱗を集め作られた花


d0017090_11591889.jpg

[PR]
by f-doll | 2006-01-11 12:03 | 短歌(2006)

三日月

一月の風が研ぎゆく薄青い刃のような細い三日月


d0017090_11402277.jpg

[PR]
by f-doll | 2006-01-10 11:52 | 短歌(2006)

「カランの短歌魔宮」

同人誌、「カランの短歌魔宮」。
読売新聞文化部から、投稿採用者に1冊づつ無料献本していただきました。(嬉)
“カランの短歌魔宮”は、毎月最終金曜日の読売新聞夕刊「POPカルチャー」で連載中。
d0017090_11221931.jpg

“弱虫の魔法使いが好きだから世界の果てまでゆける気がする”
                                 (イメージは、「ハウルの動く城」)
掲載していただきました。^^
[PR]
by f-doll | 2006-01-10 11:24 | 掲載作

冬枯れ

悲しくも寂しくもない 冬枯れのすすき野に満つ明るい光

d0017090_17265075.jpg

[PR]
by f-doll | 2006-01-09 17:30 | 短歌(2006)

春の七草

君がため 春の野に出でて 若菜つむ我が衣手に雪は降りつつ

        光孝天皇(こうこうてんのう) 「古今集」

d0017090_12445480.jpg


小倉百人一首にも選ばれている有名な歌ですね。
意味は、“あなたにさしあげるため、春の野原に出かけて若菜を摘んでい る私の着物の袖に、雪がしきりに降りかかってきます。”
情感豊かな歌です。

若菜とは、春の七草の総称。

芹(せり)・川辺・湿地に生える
薺(なずな)・ペンペン草
御形(ごぎょう)・母子草
繁縷(はこべら)・はこべ。
仏の座(ほとけのざ)・正しくは田平子(たびらこ)
菘(すずな)・かぶ
蘿蔔(すずしろ)・大根。

今日は、1月7日。七草粥(ななくさがゆ)の日です。
[PR]
by f-doll | 2006-01-07 12:59 | やまとことば
line

短歌にデジタルカメラで撮影した画像を添えています。お気軽にコメント(感想、おしゃべり、返歌erc)をどうぞ。リンクはフリーです。^^


by f-doll
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite