花物語

fairydoll.exblog.jp ブログトップ

桜の下にて

“桜の樹の下には屍体(したい)が埋まっている!
 これは信じていいことなんだよ。何故(なぜ)って、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか。”
                         「桜の樹の下には」 梶井基次郎



願わくば桜の下にて春死なん その如月の望月のころ        西行法師

d0017090_17471519.jpg


満開の桜に、死の気配を感じとる詩人と歌人は多いようです。
美が本質的に持っている反道徳性、恐怖・・・。
つかの間の生の絶頂と、確実におとずれる最後。

花見は、死を意識しつつ、今現在の生を、みんなで祝福しあうという意味もあるような気がするのです。
[PR]
by f-doll | 2006-04-04 18:01 | やまとことば
line

短歌にデジタルカメラで撮影した画像を添えています。お気軽にコメント(感想、おしゃべり、返歌erc)をどうぞ。リンクはフリーです。^^


by f-doll
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite